製菓理論⑥ 私、ゼリー屋さんになります!

製菓のこと

製菓理論の講座、6回目!
今回の単元は、実技の基本、、
『混ぜる』と『焼く』の予定だった

実技の基本は学びたい、
でも、私が本当にやりたいのは何?
第二の人生、何をしたい?

7月・8月は子どもの夏休みもあり、
会社から離れた私の充電期間でもあり

この期間に、結構考えたこと
-何をしているときが楽しい?
-何が自分にしっくりくる?
-仕事としてやりたいことは?

製菓理論を学びながら、
シフォンを作ったり、チーズケーキや
ゼリーを作りまくったり、
プロの味を取り寄せたり、、、

充電期間も2ヶ月となり、
講座も残すところ半分、、そして少し焦り始めた
製菓理論を学ぶのは楽しいけど
この先どうしていきたいんだっけ?

そして迎えた6回目の講座冒頭、
岡本先生から、
『製菓理論を教科書の流れでやってもいいし、
やりたいことだけにフォーカスしてもいいよ』
って言ってもらった。

あれ?私が思っていたこと、
先生にはお見通し?

最近考えていたことを言ってみた
『私、ゼリー屋さんになりたい!』

自信は無いし、これからのスタートだけど
毎日作っていて楽しいし、楽だし、
何より、ゼリーが大好き。。。

先生からは、
『方向性決まってよかったね!』
って言っていただき、
これからの進め方の相談や
改めて『凝固剤』についての再講義を
していただきました

自分の思いについて
肯定してもらえるって嬉しい。。。

ということで、今回は実技の基本ではなく、
私がやりたいコトについての
コンサルをしていただきました

なんか、とってもスッキリした気持ち
そして、頑張ろう!!っていう気持ち

方向が決まると、自分の好奇心も
ゼリーの材料:凝固剤・果物・コーヒー等々、
いままで素通りしていたものが、
気になり始めた
本屋に行っても、カルディに行っても
目に入ってくる

そして、毎日ゼリーを作っています

あー楽しい♪

コメント