ゼラチン・アガーの比較実験  オレンジゼリー🍊

製菓のこと

ゼリーづくりに欠かせない凝固剤
いつも、何を使おうか迷う
アガーの中でも種類があるし、
ゼラチン・寒天でも数種類

今回は、アガー2種類/ゼラチン1種類で
比較検討してみました

比較した凝固剤 3種

①パールアガー8(富士商事)
②クールアガー(新田ゼラチン)
③顆粒ゼラチンニューシルバー(新田ゼラチン)

果物を使うのはリッチすぎるから
果汁100%のオレンジジュースで!

分量は、各メーカーHPや凝固剤パッケージに
記載のオレンジゼリーの作り方を参照、
同じ比率で分量を減らして計量しました

分量&凝固剤の添加率

①パールアガー8
・アガー 12g ★添加率 3.3%
・砂糖  20g
・水   160cc
・オレンジジュース 200cc

②クールアガー
・アガー   7g ★添加率 1.8%
・砂糖  20g
・水   200cc
・オレンジジュース 200cc

③顆粒ゼラチンニューシルバー
・ゼラチン 9g  ★添加率 2%
・オレンジジュース 450cc

食べた感想

①パールアガー8
ツルンとして、すーっとしたのど越し
柔らか過ぎず、程よい固さが残ってる

②クールアガー
口に入れると直ぐに溶けていく感じ
柔らか過ぎるわけではないけど、
もう少し固さがほしいかも

③顆粒ゼラチンニューシルバー
水を足さなかったせいか、
モニャモニャ食感になってしまった
水を足してリベンジしたい
★ふやかす手間不要の顆粒タイプ
これ、すごい楽だなぁ

思ったこと

●クールアガーの添加率を増やしたら
パールアガーののど越しになるかな?

少ない量の添加で、同じ固さを出せる方が
コスパもいいし、水分量を調整して
リベンジ必須!

●今回、ゼラチンは顆粒タイプを使用、
水でふやかす手間が不要で、そのまま
使えるのは、今後大量に作るときの
メリットになるのかも。。。

★結局、最適凝固剤の結論は出ず。
今度は、自分で添加率を調整して
一番しっくりくるモノを探します!

 

 

 

コメント